トップ > 近況 > 2016年

2016年 近況

2016年の近況を掲載しています。

クリナップの展示会

5月21日(土)にクリナップの展示会へ行ってきました。
キッチンをはじめ、ユニットバスにも力を入れているメーカーということもあり、見ごたえのある商品ばかりでした。 今話題の「流レールシンク」も実際に、見て・触れてを体験し、個人的に大変気になりましたし、キッチンをリフォームしたいと思わず 見入ってしまいました。
一般のお客様も展示会にいらっしゃって、和気あいあいと実際のキッチンに触れ、納得しながら説明を聞かれていました。 展示会で見てきた商品については、ブログに写真付きで掲載しておりますので、ぜひご覧ください!

様々なメーカーが主催して開催している展示会へ当社も積極的に参加しています。
参加することにより、お客様へより良い商品を提供することができます。
また展示会へ行く機会がありましたら、近況にてご報告します。

平成28年度 中国美和SD 総会

5月14日(土)に行われた28年度 中国美和SD 総会に出席しました。
美和ロック株式会社 和氣代表取締役社長より挨拶があり、会が進んでいきました。
休憩後の講演で集合住宅に設置されている郵便BOXにドアのカギを入れて、留守をする危険性について話がありました。 子鍵の紛失対策としてキーリング等を付けて使用されている方が多いかと思いますが、そのキーリングが危険性を高めている場合があります。 子鍵は磁石で郵便BOXに付きにくいのですが、そのキーリングに磁石は良く付くとの事で、 空き巣はそのキーリングを狙って磁石を入れて子鍵を入手し、事に及ぶ事例があったそうです。 これを読んで、同じように使用しておられる方は、一度磁石でテストして見られると良いと思います。 もし、磁石にキーリング等がくっ付いて引っ張ることができたら、対応をなるべく早めに検討してくださいね。

足場講習

4月に山口県防府市で行われた足場講習に当社から2名参加しました。

近頃は、脚立で足場を組むことも講習を受けなければ、組むことができないように義務付けられています。 これまでは、脚立で足場を組むというのに、講習など不要であったので特に不自由なく作業ができていました。 しかし、言い方がよろしくないですが容易に用意できていた脚立の足場も資格が必要となれば、講習を受講せざる終えませんよね。 そのためか、市内から多くの建築関係者が集まり、講習を受講したようです。
建築の現場において、足場が必要となる場面は多くあります。容易であり、簡易的な足場であるとはいえ、その上に立って作業を行うわけです。 ビルの補修や新設する足場と違い、高さはさほどありませんが、転落すれば怪我する可能性もありますし、最悪の場合は死に至ります。 こうした安全という面を考えれば、納得のいくものでした。

今後も、これまでは許容されていた物が講習や資格取得の義務が発生する可能性は大いにあります。
会社として、必要な講習や資格を取得し、安心・安全なサービス提供を行っていきます。