トップ > サービス情報 > 施工例 > 三連棟の大きなカーポート

三連棟の大きなカーポート

※写真をクリックして頂きますと拡大できます。

最初にカーポートの柱を立てるための基礎工事を行います。

基礎工事を終えた現場 こちらが基礎工事を終えた現場写真です。基礎工事で、カーポートの柱を立てる穴をあけてあります。家庭用のカーポートの場合、1棟が殆どのため2ヶ所もしくは4ヶ所の穴をあけますが、今回の現場では3つ屋根が連なるため12ヶ所の大きな穴をあけました。

柱や屋根材などの部材を組み立てていきます。

カーポート施工途中1 続いて、カーポートの骨組みを組み立てていきます。三連棟という大きなカーポートを見たことがないので、一体どのくらいの大きさになるのでしょうか。。。屋根材である熱線遮断ポリカーボネートを取り付けている写真がありますが、1棟でこの大きさです。仕上がりが楽しみですね! 全貌が気になる方は「工事用2t トラックと比較しみると・・・」を先にご覧になってもよいと思います。 今回は、熱線遮断ポリカーボネートという屋根材を採用して頂きました。 ポリカーボネートの特徴は、衝撃に耐える弾力性がある点です。
熱線遮断ポリカーボネートは、弾力性があり、紫外線から愛車を守ることができます。そのため、真夏の車内温度の上昇を防ぐことができます。

カーポート施工途中2 カーポート施工途中3

工事用2t トラックと比較しみると・・・

比較1 さて、いよいよ全貌が明らかになります!写真は見ていただけたでしょうか? 1棟に2t トラックが楽々収まってしまう大きさです。
乗用車であれば、全部で6台は入ります!
比較2

三連棟のカーポート完成です。

後付雨戸取付工事 完成 今回は、基礎工事を入れて5日で完成しました。 屋根材が青く見えるのは、熱線遮断ポリカーボネートの色です。商品によって異なりますが、数種類の色から選ぶことも可能です!
お施主様は車が大変お好きな方でしたので、今回のカーポートの出来上がりを大変喜んでいただけました!
後付雨戸取付工事 完成 後付雨戸取付工事 完成 後付雨戸取付工事 完成 後付雨戸取付工事 完成

ご用命・ご相談は下記からどうぞ

※スマートフォンの方は「神吉へ電話する」をタップされますと発信することが出来ます。

神吉へ電話するお問い合わせはこちら