トップページ > サービス情報 > 建具(窓・出入口) > ガラス補修

サービス情報 > 建具(窓・出入口) > ガラス補修([施工例1]引違い戸のガラス補修)

[施工例1]引違い戸のガラス補修

※写真をクリックして頂きますと拡大できます。

引違い戸のガラスが大きく割れてしまっています。

施工前1
施工前2

どもさんがいらっしゃる個人宅の引違い戸になります。大きく割れてしまっていますね。 この状態のまま補修しないでいると、雨や風による建物の劣化が進み、防犯機能が大きく損なわれてしまいます。「少しくらい大丈夫。。。」とは思わずに、早めに補修依頼をしましょう。
それでは、早速補修していきます。

今回のお客様ですが、ガラス補修をどこにお願いして良いか悩んでいたところ、以前別の現場で当社がガラス補修した際の領収書を見て思い出して頂き、 今回の補修工事につながりました!こうして覚えて頂けて、大変嬉しかったです。もしも、ご自宅や会社のガラスが割れてしまった際には、ぜひ当社をご利用ください!

割れたガラスの処分もしておりますので、お気軽ご相談・ご依頼ください。
※ガラスの処分ですが別途費用をわずかですが頂いております。ご自分で処分されるよりも安心・安全です。

ガラスの補修完了です。

施工後1
施工後2

30分程度で、割れたガラスを取り除き、新しいガラスを入れ替え出来ました。

この現場では、ビードと呼ばれるガラスが外れないように固定するU字型のゴムのようなもので固定されていましたので、再利用させて頂きました。
古くなると固くなって利用できませんが、新しいもので対応させてもらっています。
ビードの他にガラスを固定する物として、シーリング材やとパテがあります。使用されている補修材を確認して作業をしますので、ガラス補修の依頼をされる際は、どのような物がガラスを固定しているかも お伝えいただけるとスムーズに作業ができます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 有限会社 神吉 All Rights Reserved.